クラウド見積請求書作成ソフトTOP > ブログ > バックオフィス > バックオフィスで苦労しなくていい!クラウドサービス利用で実現するストレスフリーな職場
2018.03.13 タグ: ,

バックオフィスで苦労しなくていい!クラウドサービス利用で実現するストレスフリーな職場

バックオフィスのクラウドサービス化が進化している!

仕事の中には営業や会議、資料作りだけでなく「バックオフィス」も含まれます。

社員の勤怠管理や給料などの計算がこれらに該当しますが、いざやってみるとその煩雑さに追われてやらなければいけないことが進まないことも多々あります。

そのようなことから面倒なバックオフィスをクラウドサービスによって解決する企業が増えています。

クラウドサービスを使えば自分たちの代わりにバックオフィス業務を肩代わりしてくれる上、効率データをまとめてくれます。今回はそんなバックオフィスのクラウドサービスを紹介していきましょう。

バックオフィスの中でも面倒な勤怠管理もフォロー

手動だと掴みきれない勤怠管理

勤怠管理を管理できるクラウドサービスもあります。

社員の出社・退社記録に止まらず休暇や休憩時間を把握しておかないと給料を正確に支払うこともできません。

しかし、これらを正確に記録するにはコストがかかります。
たとえば、社員のサービス残業が持ち帰って行った持ち帰り残業、休日出勤など。

こんなことをエクセルや手書きで管理するのは面倒ですよね。
集計・確認することに時間がかかります。

労働基準などにも引っかかる可能性があるため正確に記録しておく必要があります。

クラウドサービスの利用で手軽さと正確性を手に入れる

正確性に欠ける部分が出てくる勤怠管理ですが、クラウドサービスを利用すれば記録する手間が省けるだけでなく正確な記録をつけられるというメリットがあります。

たとえば、15,000社以上に導入された実績のある「ジョブカン勤怠管理」というクラウドサービスがあります。ICカード打刻や静脈打刻、モバイル打刻などさまざまな打刻方法に対応しており、中でも最大の特徴がシフト管理です。

書類や口頭で提出された希望のシフト表をExcelにまとめるのが一般的かと思いますが、このサービスを利用すればスマートフォンから簡単に提出できます。各社員が個人で利用できるようになった点は大きく、マイナンバー制度の導入も進むこれからの時代に対応しています。

労務管理・給与計算もクラウドサービスで解決

変化しつつある労務管理の在り方

バックオフィスの中に含まれる労務管理や給与計算。

社員を雇えば社会保険をはじめとした各種保険の手続きと管理が必要となり、さらには役所へ出向く必要もあります。労務管理に紐づく形で給与や福利厚生の計算も行う必要が出るなど、労務管理・給与計算も大切な業務です。

ですが、長い不況と少子高齢化、さらには労働形態の変化に伴って従来の労務管理では限界が出てきている企業・事業体も多くあります。労務管理・給与計算がきちんと行えないということは、社員ひとりひとりのケアができていないことと同じです。

時代の変化にも対応できる労務管理・給与計算のクラウドサービス

労務管理・給与計算がきちんとできないままだと、社員が離れていく可能性も高くなることでしょう。そうした自体を避けるためにも、少しでも支障が出ていると感じた場合はクラウドサービスを導入してみましょう。クラウドサービスのコストは高くありません。

労務管理のクラウドサービスとしては「jinjer 労務」があります。このサービスでは社会保険や入退社などの管理を一手に引き受けてくれるサービスで、すべてデータとして保存・管理ができます。
他にも扶養家族や住所変更などもデータとしてまとめておくことができるため、人事データとして活用もできるメリットがあります。しかも、労務担当者ならばWeb申請を利用できるので、各役所へ向かう必要もありません。

まとめ

バックオフィスのクラウドサービスは安価にスタートできるものが多いです。クラウドだから、ソフトの導入コストがなく常に最新のものにバージョンアップされるのもいいところです。自分でエクセルなどで管理するのではなく、クラウドサービスを使ったほうが効率化できるはず。ぜひ会社にあったサービスを探してみてくださいね。

SHARE
このエントリーをはてなブックマークに追加

請求書の作成をもっとカンタンに!フリーランス・中小企業向けアプリ

見積請求書の作成・管理ができるCLOUD PAPER
WindowsでもMacでも、無料ではじめることができます!

一覧へ戻る