カテゴリ : マニュアル

2014.07.09 

3-8.見積書を請求書に変換する

見積請求書

メニューから「見積書」をクリックします。


見積書一覧

請求書に変換したい見積書をクリックします。


請求書に変換

「請求書作成」ボタンをクリックします。


請求書

自動的に見積書の内容がコピーされた請求書作成画面が開かれますので、あとは登録するだけです。

2014.07.09 

3-7.見積書をもとに発注書を作成する

見積請求書

メニューから「見積書」をクリックします。


見積書一覧

発注書を作成したい見積書をクリックします。


発注書ボタン

詳細ページにて「発注書」をクリックすると、見積書をもとに発注書が作成され、プレビューできます。


発注書

2014.07.09 

3-6.見積書の状態を管理する

見積請求書

メニューから「見積書」をクリックします。


見積書一覧

一覧で、状態の項目を選択して管理することができます。

「送付済」…見積書を送付したかどうかを管理します。
「受注済」…受注後に選択します。
「納品済」…納品が終わったら選択します。
「不採用」…見送りになった場合に選択します。


進行中

状態が受注済みになると、ダッシュボードの進行中プロジェクト欄にも表示されます。


状態検索

例えば「受注済」の案件だけ絞り込んで検索することもできます。

2014.07.09 

3-5.見積請求書をメール送信する

見積書・請求書をクライアントに直接メール送付します。

見積請求書

メニューから「見積書」または「請求書」をクリックします。


見積書一覧

一覧で、メール送付したい見積書にチェックをつけ、その後「メール」をクリックします。


メール

メールの差出人設定を選択します。
① 【クライアント】項目で登録頂いた情報が反映されます。
② BCCの為、送付相手側には、宛先として通知されません。
③ クリック頂くと送付の見積書を確認頂けます。



〇添付ファイルとして送付する場合
メール

① テンプレート設定は画面最上部の⚙(歯車)の『その他設定』より設定可能です。



〇メール本文中にURLとして送付する場合
メール

① 証番号(PASSWORD)を設定する場合は入力下さい。
  認証番号に使用可能な文字列は、半角の英大小文字及び数字です。
  設定頂いた文字列は、URL先の認証番号に入れて頂くことで
  ダウンロードできるようになります。
  ※認証番号を空白にすることはできません。
② 『有』の場合、認証番号をPASSWORDとして同じメール中に含めるかを
  選択できます。
  『無』の場合、別途お客様側で相手先に認証番号を連携頂く必要が
  ございます。
③ ダウンロード期限は送信日の5日となります。
④ テンプレート設定は画面最上部の⚙(歯車)の『その他設定』より
  設定可能です。


【確認画面へ進む】押下後、内容確認頂き【送信する】押下して送信完了になります。



〇メール受信側の画面イメージ
メール

① URLをクリック頂くだけでダウンロードサイトが開きます。
うまく開かない場合はURL:から先の文字を全てコピー頂き、インターネットブラウザに貼り付けます。
② 【認証番号のメール送信有無】で有を選択した場合は、ここにパスワードが表示されます。



〇ダウンロード画面イメージ
メール

① 見積もりを発行した日時がここに記載されるようになります。
※ メール送信日ではないので注意願います。
② 連携されたパスワードをここに打ち込みます。(半角)
※ 大文字、小文字は区別されます。



【参考】メールのPW配信方法パターン
〇ダウンロード 認証番号あり 認証番号の送信あり 
 →ダウンロードURLの下行に記載。

〇ダウンロード 認証番号あり 認証番号の送信なし 
 →事前にパスワードルールを決めたり、電話や別メール等で先方にお知らせ願います。

〇ダウンロード 認証番号なし 認証番号の送信あり 
 →エラーとなりメールが送信できません。

〇ダウンロード 認証番号なし 認証番号の送信なし
 →ダウンロード画面で、認証番号空白でそのままダウンロードできます。

2014.07.09 

3-4.複数のPDFをダウンロードする

見積書・請求書をPDFで複数ダウンロードします。

見積請求書

メニューから「見積書」または「請求書」をクリックします。


見積書一覧

一覧で、PDFダウンロードしたい見積書を複数チェックをつけます。


複数

複数選択したPDFを一度にダウンロードすることができます。

2014.07.09 

3-3.見積請求書をPDFでダウンロード

見積書・請求書をPDFでダウンロードします。

見積請求書

メニューから「見積書」または「請求書」をクリックします。


見積書一覧

一覧で、PDFダウンロードしたい見積書にチェックをつけます。


PDFダウンロード

あとは「PDF」をクリックすると見積書PDFをダウンロードすることができます。
なお、詳細画面からもPDFをダウンロード可能です。

PDFダウンロード

2014.07.09 

3-2.見積請求書を印刷する

見積書・請求書を印刷します。

見積請求書

メニューから「見積書」または「請求書」をクリックします。


見積書一覧

一覧から印刷したい見積書をクリックします。


プレビュー

「プレビュー」をクリックします。なお、この時に窓付き封筒用の宛名用紙を印刷するかどうか、印鑑を表示するかどうかも選択することができます。


見積書

プレビューで表示後、印刷することができます。

2014.07.09 

3-1.見積請求書を作成する

見積書・請求書を作成します。

見積請求書

メニューから「見積書」または「請求書」をクリックします。


見積書を作成

「見積書を作成」をクリックします。


見積書作成画面

登録すると、見積書が完成しますので、印刷やPDFでダウンロードすることができます。


見積書

2014.07.09 

2-2.クライアントを検索・編集する

クライアントを編集します。

クライアント

メニューから「クライアント」をクリックします。


クライアント一覧

編集したいクライアントをクリックすると、詳細画面が出てきます。


クライアント詳細

「クライアント編集」をクリックすると編集画面に移動します。「削除」をクリックすると該当クライアントおよび関連する見積請求書も削除されますのでご注意ください。

2014.07.09 

2-1.クライアントを登録する

見積請求書の宛名で使うクライアントを登録します。

クライアント

メニューから「クライアント」をクリックします。


クライアント登録

右上の「クライアント登録」をクリックします。


クライアント登録画面

社名や住所などを登録します。一度登録すると、見積請求書作成時に呼び出すだけで使うことができるようになります。


クライアント一覧

登録後は一覧が出てきます。社名や担当者名での検索およびフリガナでの並び替えができます。

2 / 3123